[WF2019冬 限定發售] 海洋堂 2019年2月10日發售: WSC #096 RUDOLF Wonder Showcase 第36期 Presentation 作品 各14,040YEN連稅

WSC #096 RUDOLF ワンダーショウケース 第36期プレゼンテーション作品

ワンダーショウケース 第36期プレゼンテーション作品

コトブキヤの創作系ロボットプラスチックモデルシリーズ『フレームアームズ』のメカニックデザイナーを担当し、いまもっとも脂が乗っているプロフェッショナルメカニックデザイナーのひとりである稲葉コウ。

そんな彼がこっそりと(?)ワンフェスへディーラー参加しはじめ、処女ガレージキット作品として発表したのが、この創作系少女型ロボット『RUDOLF(ルドルフ)』です(※写真には2体写っていますが、この2体はディテールはまったく同一のカラーリングバリエーションです)。

各部のディテールを過剰に作り込むことなく、シンプルにシルエットの美しさで魅せる手法は「さすがはメカニックデザイナー」と言ったところでしょうか。

とくに細身の少女型ロボットということもあり、作者的には「背面の、お尻周辺のラインがお気に入り」とのこと。

ちなみに当然(?)ながら3DCGモデリング作品なのですが、使用したソフトウェアがなんとMetasequoia(メタセコイヤ。無償提供されているため趣味で使用する個人ユーザーが多い)というのもまた、稲葉がこの作品をいかに楽しんで「仕事とは完全に切り離した感覚」にて製作したかが分かるかと思います。

※写真には2体写っていますが単体での販売です。

商品スペック

■WSCアーティスト自身による創作キャラクター

■サイズ

ノンスケール(全高150mm)レジンキャストキット

■企画・制作・発売元

ワンダーフェスティバル実行委員会
■原型制作
稲葉コウ[ぽらりす]

© Koh INABA

Related Post