《機動戰士GUNDAM A.O.Z Re-Boot》MS設定: ARZ-124WD TR-6 Wondwart

ティターンズが主導した「TR計画」。その最終目標は、「全軍に配備された機体の規格統合」と「最終決戦化」でした。そのために計画では「万能化換装システム」を確立。本システムはオプションの換装によってあらゆる環境・戦局への対応と可能したものです。そして、多数のオプションを装備し、管制するための機体がこのRX-124 ガンダムTR-6[ウーンドウォート]だったのです。グリプス戦役におけるティターンズの敗北によって、[ウーンドウォート]そして[インレ]は活躍の機会を与えられませんでしたが、戦後、火星の地で再生され戦いへと臨むのでした。

ARZ-124WD TR-6[ウーンドウォート]

ティターンズ残党が火星に持ち込んだ[ウーンドウォート]を、レジオンが再建した仕様。親衛隊用として一定数が生産され配備されました。

Related Post