[New Boxart photo added] 2015年8月8日~9月27日 MECHANIC DESIGNER 大河原邦男展@上野之森美術館

2015年8月8日~9月27日 MECHANIC DESIGNER 大河原邦男展@上野之森美術館 會場發售: 模型 MG 1/100 Strike Freedom Gundfam MECHANIC DESIGNER 大河原邦男展Ver. 6,480Yen連稅

ba001 ba002 lla00a copylla01 copy lla02 copy

 

 

2015年8月8日~9月27日 MECHANIC DESIGNER 大河原邦男展@上野之森美術館 會場發售:
模型 1/72 COMBAT ARMORS MAX EX-03 太陽之牙 Dougram ‘Yakuto’ – 大河原邦男展Ver. 4,200Yen連稅

A special COMBAT ARMORS MAX plastic model kit in commemoration of the Mechanic Designer Okawara Kunio Exhibit!

A special edition of the COMBAT ARMORS DOUGRAM made in commemoration of the Mechanic Designer Okawara Kunio Exhibit taking place on the 8th August at the Mori Art Museum in Ueno. This special edition will be sold at the event.

The special edition features a special silver mould color that matches the colors often used by modellers while ‘Fang of the Sun Dougram’ was airing. The kit also comes with a painting guide to help you upgrade your model making skills to the next level. Join the love for Fang of the Sun Dougram and Okawara Kunio with this special kit that celebrates his work.
•Includes an additional missile pod to become the ‘Yakuto’ Dougram.
•The light grey parts of the mould have been changed to silver.
•The included markings are Tetron stickers, which are easy for even beginners to use.
•A painting guide is included to help you easily recreate Okawara Kunio’s illustrations on your model!

COMBAT ARMORS MAX EX-03 1/72 Scale ヤクト ダグラム メカニックデザイナー

COMBAT ARMORS MAXシリーズに「メカニックデザイナー 大河原邦男展」記念プラスチックモデルキットが登場!

「コンバットアーマー ダグラム」に数々の追加仕様を加えた「ヤクト ダグラム メカニックデザイナー 大河原邦男展Ver.」を8月8日より上野の森美術館で開催される「メカニックデザイナー 大河原邦男展」にて会場販売いたします。
「太陽の牙 ダグラム」放送当時、モデラーの定番となっていたライトグレー部のシルバー仕上げを再現した成型色や、週末モデリングで手軽にキットをグレードアップさせる為の塗装ガイドの付属など、「太陽の牙 ダグラム」、そして大河原邦男氏のメカに熱狂したかつてのプラモ少年達に贈るスペシャルキットとなっています。
•武装はミサイルポッドを追加したヤクト仕様
•ライトグレーパーツの成型色をシルバーに変更。
•マーキングはビギナーでも使いやすいテトロンシールを採用。
•手軽に大河原邦男氏のイラストを再現する為の塗装ガイド「ホリデートライ大作戦!」付属。

ok002 ok003 ok004

 

『機動戦士ガンダム』のモビルスーツをデザインしたことで知られる大河原邦男氏の40年以上にわたる活動をたどる『メカニックデザイナー 大河原邦男展』が今夏に東京・上野の森美術館で開催されることが17日、発表された。

同展は、大河原氏がメカニックデザイナーとしてデビューした1972年から2015年までを10年単位で区切り、計4章で構成。初期のデザインや、ロボットアニメの黄金期だった80年代でのデザイン、そして現在のデザインを網羅できる。

開催にあわせた描き下ろし作品も制作され、詳しい内容について発表会に出席した大河原氏は「まだ内緒」と期待を煽った。会期中には大河原氏本人が会場を訪れるようで、「毎週来いとか、色々言われていますので」と笑わせた。

そのほか、限定のガンプラも販売されることも決定。また東京会場の後、岩手県盛岡市にも巡回することもあわせて発表された。大河原氏は「いままで見たことないような色んな展示物があると思いますので、楽しみにしていただけたらうれしい」と呼びかけた。

大河原氏は1947年東京都生まれ。タツノコプロで背景を担うセクションに所属していたが、SFアニメ『科学忍者隊ガッチャマン』でメカデザイナーとしてデビュー。その後『装甲騎兵ボトムズ』、『機動戦士ガンダム』シリーズなど多くの作品に関わっていく。アニメに限らず、工業メーカーや自治体などにもデザインを提供している。

■『メカニックデザイナー 大河原邦男展』東京会場
会期:2015年8月8日~9月27日
会場:上野の森美術館
入場料:一般1500円、高大生1200円、小中生500円

TE01

TE02

OFFICIAL WEBSITE: http://www.okawara-ten.com/

Related Post