《機動戰士GUNDAM A.O.Z Re-Boot》MS設定: AMX-014Rs Reben Wolf Custom Munsukii Use

ジオンマーズが開発したAMX-014R リーベン・ヴォルフ。この機体の特徴は、パイロットの練度や任務に応じて装備を組み替えられる点にあります。その中でもAMA-01S ビグ・ザムールの随伴・護衛を主任務とするオプションを装備した形態が、このAMX-014Rs リーベン・ヴォルフ・カスタムです。機体の全高に匹敵するダブル・ガトリング・ガンをはじめ、エクステンションブースターの装備を装備した本機は、ビグ・ザムールが展開したIフィールド内からの迎撃を主な任務としていました。また、TR-S[ラブストガル]と[エルアライラー]は、この組み合わせへの対抗兵器となっています。

リーベン・ヴォルフ・カスタムのように、大型の実体弾兵器を主兵装とする機動兵器は一年戦争やそれ以降にもいくつか見受けられます。ビーム兵器が一般化した後もバズーカやミサイルのように一定の需要があったことや、迎撃や軟装甲目標に対する攻撃などに使用されることもあり、一部の機体には装備されています。

■AMX-014Rs リーベン・ヴォルフ・カスタム

ジオンマーズが開発したリーベン・ヴォルフにエクステンションブースターや、ダブル・ガトリング・ガンを装備させたカスタム機。火星降下作戦においては、ムンスキーが搭乗し、ビグ・ザムールに随伴。同機が展開したIフィールドの内部から、ミサイルや接近する敵機を迎撃する、護衛機としての任務を担っていました。そのためにビーム兵器ではなく、ダブル・ガトリング・ガンを装備するほか、各部にスラスターを搭載するなど機体重量の増加にも対応しています。

チェスターJr.艦隊に同乗して火星へと赴いたネオ・ジオン残党のひとりムンスキーの専用機。ライトグレーの機体色に加え、各部に増設されたスラスター、そして機体の全高に匹敵するダブル・ガトリング・ガンを特徴とします。火星降下作戦ではビグ・ザムールに随伴し、護衛を務めました。

Related Post