[New promotion video added] 2020年7月23日在日本上映: 劇場版《機動戰士高達 閃光之凱薩衛》

劇場版《機動戰士高達 閃光之凱薩衛》故事

自第二次新自護戰爭(馬沙之反擊)12年後
U.C.0105年,地球聯邦政府的腐敗令到地球受污染速度加快,更推行非人道的政策「MENHUNTER」強制地將平民送向宇宙。
因此,反地球聯邦政府組織「Mafty」開始了暗殺聯邦政府高官的反抗活動。組織領導人名字為Mafty Navue Erin,他的真正身份是一年戰爭中聯邦軍上校布拉度·諾亞的兒子”凱薩衛”。
以宿敵阿姆羅和馬沙的理念和理想,凱薩衛一心成為改變世界的戰士,偶遇聯邦軍Kenneth Sleg上校和神秘美少女Gigi後改寫了命運。

 

MS設定

 

人物設定

■機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ

宇宙世紀の新たな100年を紡ぐ「UC NexT 0100」プロジェクト、第2弾作品である「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」の公開日が2002年7月23日(木・祝)に決定し、「閃光のハサウェイ」新規特報映像が完成した。さらに、本作の秘密に迫るファンイベントが3月24日(火)に開催されることも発表された。

2018年より開幕した、宇宙世紀の新たな100年を紡ぐ「UC NexT 0100」プロジェクト、第2弾作品である「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」。
本作は、ガンダムの生みの親でもある富野由悠季監督により、1989年に出版された同名小説を原作として、劇場版3部作の新作アニメーションとして2020年全国公開の予定だ。
宇宙世紀0105年を舞台に、第二次ネオ・ジオン戦争(『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』)で苦い別離を経験した、ブライト・ノアの息子ハサウェイが、新型モビルスーツ・Ξ(クスィー)ガンダムを駆って、地球連邦政府に反旗を翻す姿が描かれる。
監督を「虐殺器官」の村瀬修功さんが務めるほか、脚本は「機動戦士ガンダムUC」のむとうやすゆきさん、キャラクターデザイン原案を「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」の美樹本晴彦さん、キャラクターデザインをpablo uchidaさん、恩田尚之さん、工原しげきさんの3名が担当し、メカニカルデザイン原案には森木靖泰さん、メカニカルデザインはカトキハジメさん、山根公利さん、中谷誠一さん、玄馬宣彦さんの4名、音楽は「機動戦士ガンダムUC」の澤野弘之さんが手がけるなど、豪華スタッフ陣が勢ぞろいしている。

<公開>
2020年7月23日(木・祝)全国ロードショー

<スタッフ>
企画・製作:サンライズ 原作:富野由悠季、矢立肇
監督:村瀬修功 脚本:むとうやすゆき
キャラクターデザイン:pablo uchida、恩田尚之、工原しげき
キャラクターデザイン原案:美樹本晴彦
メカニカルデザイン:カトキハジメ、山根公利、中谷誠一、玄馬宣彦
メカニカルデザイン原案:森木靖泰
美術監督:中村豪希 色彩設計:すずきたかこ 撮影監督:脇顯太朗
CGディレクター:増尾隆幸、藤江智洋
編集:今井大介
音響演出:笠松広司
録音演出:木村絵理子
音楽:澤野弘之
配給:松竹

 

POSTER

Official website: http://gundam-hathaway.net/

Related Post