SUNRISE 於Anime Expo 2018 公佈『機動戰士高達』將會真人電影化!

【速報】サンライズとLegendaryが「機動戦士ガンダム」シリーズの実写映画化に向け、共同開発の契約締結を発表! 来年で40周年を迎える同シリーズは、実写映画で全く新しい世界観のガンダムを生み出すことに挑戦するとのこと!

アニメーションを中心としたオリジナルIP(Intellectual Property:キャラクターなどの知的財産)を40年以上に渡り創出し続けてきたサンライズと、数々の映画を世界的大ヒットに導いてきたLEGENDARYが、『機動戦士ガンダム』シリーズの実写映画を共同開発することが、本日7月6日(金)に発表された。

『機動戦士ガンダム』は、1979年に日本でTV放送が開始されたアニメ作品で、来年で40周年を迎える。この40年の間に様々な作品へと展開、シリーズ化され、年齢・性別を問わず幅広い層に支持されている。2018年には、LEGENDARY制作の『PACIFIC RIM: Uprising』やスティーブン・スピルバーグ監督作品『READY PLAYER ONE』といった大ヒット作品に登場するなど、その人気は日本国内に留まらず、世界中で注目が高まっている。

本日発表された実写映画の詳細は、決まり次第随時発表されるとのことなので、続報をお楽しみに。

なお、ロサンゼルスコンベンションセンターにて開催中の「Anime Expo 2018」内「サンライズパネル」にて、LEGENDARYのCale Boyterさん(Executive Vice President of production)、LEGENDARY ComicsのRobert Naptonさん(Senior Vice President of Publishing)、バンダイナムコホールディングス代表取締役社長・田口三昭さん、サンライズ代表取締役社長・宮河恭夫さんが登壇し、共同開発の発表を行った。発表会の様子が動画で公開されているので、ぜひともチェックしておこう。

 

Related Post