千值練 2017年7月發售:RIOBOT Series《GODZILLA vs EVANGELION》NERV製對G專用决戰兵器 紫龍 試作初號機 20,000Yen

ライオボット/ ゴジラ対エヴァンゲリオン: NERV 対G専用決戦兵器 紫龍 試作初号機

『ゴジラ対エヴァンゲリオン』コラボ企画として、千値練の「ライオボット」シリーズから新川洋司氏がデザインした「NERV 対G専用決戦兵器 紫龍 試作初号機」が登場。デザインはコジマプロダクション所属の新川洋司氏が「ゴジラ×エヴァンゲリオン」用にデザインし、ゴジラ対エヴァの世界を見事に融合。設計は新川氏の設定画稿を元にフル可動アクションフィギュアとしてT-REXが担当。全身ABSで、可動部はナイロン系パーツで構成され、広い可動域で怪獣のような猫背状態・エヴァのような直立状態も再現可能。また尻尾は各部がボールジョイントで可動。ベースカラーはチタン風に塗装されており、重厚感あふれる仕上がりに。

付属アクセサリー: 左右ハンドパーツ、左右ハンドパーツ開き手、「Anti KAIJU Battle Blade」2本
設定: 幾度となく首都東京を襲い壊滅させてきた、ゴジラ。使徒と同じく「厄災」ともいうべき存在に対抗すべく過去、特生自衛隊が開発した「機龍シリーズ」の技術情報の提供を受けNERVが建造した対G兵器。現在、試作段階であり「NERV 対G専用決戦兵器 紫龍 試作初号機」と呼称している。武装は高振動粒子であらゆる物質を分子レベルで分離するプログレッシブナイフと同様の技術をヒレと尻尾に搭載。また両腕に「Anti Kaiju Battle Blade」を装備することで高い近接戦闘能力を有する。

サイズ: 全高約18cm

se170709

se170710

se170711

se170712

se170713

se170714

se170715

se170716

se170717

Related Post