[PREVIEW] TAKARATOMY ARTS部 2019年11月中旬 300Yen扭蛋 NTT東日本 公衆電話扭蛋COLLECTION 全6種

タカラトミーアーツは、公衆電話をミニチュアフィギュアとして再現したカプセルトイ「NTT東日本 公衆電話ガチャコレクション」を11月中旬に発売します。1回300円で、全6種をラインナップします。

NTT東日本の監修により公衆電話を5cm大のミニチュアとして精巧に再現。緑の公衆電話機としておなじみ「MC-3P」から、日本に数台しか存在しない受話器が2つある公衆電話「デュエットフォン」など、マニアックなモデルも揃えます。ダイヤルボタンは実際に押したり回したりできるようになっており、受話器を取り外すフックも上下に可動。「公衆電話を切る動作」も疑似体験できます。

 

昭和61年登場の「MC-3P」。テレホンカード対応アナログ公衆電話の小型軽量版で、現在も設置台数が最多のモデル

 

ディジタル公衆電話機「DMC-7」。ISDNによるデータ通信に対応し、PDA端末などをつないでメール送信などに活用できた

 

2016年登場のディジタル公衆電話機「MC-D8」。押しやすいボタンなどユニバーサルデザインを取り入れている

 

昭和46年登場の「新形赤電話機」。10円玉を6枚連続投入できる。通称”赤電話”

 

「デュエットフォン」。受話器を2つ備え、3人同時に通話できる。電話開業100年記念となる平成2年に限定制作された。現存は日本で3台のみ

 

金色の公衆電話機。平成5年、今上天皇陛下(当時の皇太子さま)と雅子さまのご成婚を祝し、パレード沿道にある公衆電話機がすべてこの色に塗り替えられた(現存しません)

 

Related Post