動畫《高達創戰者 對戰紀錄》第5集於2017年12月7日在Amazon Prime Video, Gundaminfo youtube優先播放!

GUNDAM BUILD FIGHTERS: BATTLOGUE

動畫《高達創戰者 對戰紀錄》第4集於2017年12月7日

[12月7日 第5話故事大綱]

某一天,結城達也突然來到伊織政家裡的伊織模型店。原來達也從八坂真央那裡聽到政改良了宇宙創建突擊高達,所以希望能在下週展開歐洲巡迴活動前,與政的銀河宇宙創建突擊高達進行高達模型對戰。政爽快地答應了他的要求,與達也為了海外遠征而製作的新型高達模型來一場一對一的較量。

 

 

動畫《高達創戰者 對戰紀錄》第4集於2017年11月3日

【11月3日 第4話故事大綱】

三部GN-X組成的小隊收到正規軍的情報,為了找出私人武裝組織基地的線索而在森林待命。在這個時侯,偵測器發現了敵人的運輸貨櫃。GN-X小隊立即展開追蹤,但從運輸貨櫃出來的基路迪高達阻止他們。兩部GN-X分頭與基路迪高達七槍型作戰。餘下的一部則繼續追擊運輸貨櫃,並發現以光學迷彩隱藏的敵方基地,然而此時出現了全身各處發光的巨大敵人身影。

正規軍からの情報を受け、私設武装組織の基地の手掛かりを求めジャングルで待機する3機のジンクス小隊。そんな時、敵の輸送コンテナがセンサーに反応する。即座に追跡を開始するジンクス小隊だったが、コンテナの中からケルディムガンダムサーガが現れその行く手を阻む。散開しケルディムガンダムサーガとの戦闘を開始する2機のジンクス。残りの1機はそのまま輸送コンテナの追撃を続け光学迷彩に隠された敵基地を発見するが、そこに現れたのは各所を発光させた巨大な敵影だった。

 

 

 

GUNDAM BUILD FIGHTERS: BATTLOGUE

動畫《高達創戰者 對戰紀錄》第3集於2017年10月6日

【10月6日 第3話故事大綱】

邪型《ミヤガ》を倒すため、すーぱーふみなと、はいぱーギャン子は北宋の地図を頼りにその城を目指していた。

暗い森を抜け、ふみなたちの眼前に現れたのはプチッガイたちが平和に暮らしているベアベア村であった。

しかし、ふみなとギャン子に気づいたプチッガイたちは何故か慌てて逃げ去っていく。

事の状況がつかめない2人の前に現れたのは、敵意をむき出しにしたチナッガイであった。

 

 

動畫《高達創戰者 對戰紀錄》第2集於2017年9月8日在Bandai Channel丶Gundam Fan Club丶Gundam Build Fighters Official website丶Bandai Hobby Site & Amazon Prime Video… etc播放!

【G-クエスト】のこけら落としに、最初の挑戦者としてガンダムベースに招待された、コウサカ・ユウマとサカイ・ミナト。【G-クエスト】とはバトルシステムに組み込まれたイベントのクリアを目指す最新のガンプラバトルアトラクションである。
ユウマはガンダムライトニングブラックウォーリアを、ミナトはガンダムドライオンⅢをGPベースにセットする。制限時間は10分間!
その時間内に様々なガンプラにガードされた秘密基地を突破し目標の建造中新型MSを破壊する為、2人の挑戦が始まる。

 

 

動畫《高達創戰者 對戰紀錄》第1集於2017年8月4日在Bandai Channel丶Gundam Fan Club丶Gundam Build Fighters Official website丶Bandai Hobby Site & Amazon Prime Video… etc播放!

【第1話故事大綱】
川口名人和艾倫.亞當斯為了測試在對戰系統新安裝的自動操縱模式,來到了谷島企業的研究開發室。自動操縱模式使用了在歷代高達作品中登場的駕駛員的模擬人格AI,讓操作技巧不高的人也可以輕鬆進行高達模型對戰的嶄新模式。名人使用超卓渣古的後繼機巴利斯廸渣古,艾倫則使用利保安高達的改裝機逆轉高達,並選擇所搭載的AI,展開夢幻的高達模型對戰。

『ガンダムビルドファイターズ バトローグ』第1話は8月4日より配信開始!

『ガンダムビルドファイターズ バトローグ』の第1話が、8月4日(金)よりAmazonプライム・ビデオ、ガンダムファンクラブ、バンダイチャンネル、アニメ公式サイト、バンダイホビーサイトにて無料配信されることが決定した。

本作は、様々なシチュエーション、様々なガンプラによる珠玉のドリームバトルが楽しめるショートフィルムで、監督はシリーズを通してメカ作画監督を務めた大張正己氏が担当する。
また、エンディングテーマを担当するアーティストが「FAKY」に決定。新曲「Chase Me」がガンプラバトルを盛り上げる。

第2話以降も続々配信予定となっているので、続報をお楽しみに。

メイジン・カワグチとアラン・アダムスはバトルシステムに新たに実装された自動操縦モードのテストのため、ヤジマ商事の研究開発室にいた。
自動操縦モードとは歴代ガンダム作品に登場したパイロットの疑似人格AIを使い、操縦スキルの無い者でも手軽にガンプラバトルができるという画期的なモードである。
メイジンはザクアメイジングの後継機、バリスティックザクに、アランはリボーンズガンダムのカスタム機、リバーシブルガンダムにそれぞれAIをチョイスし夢のガンプラバトルを開始する。

(C) サンライズ

Related Post